So-net無料ブログ作成
検索選択

「テレビのなみだ」 [大好きな有名人]

29日、グローブ座に行ってきた。
車窓から何度も何度も見たことはあって、
ここがお芝居を観る場所であるってことも知っていたけど
実際に中に入るのは初めて。

昨日見た演目は、 「テレビのなみだ」という演劇。
原作・脚本・演出を全て鈴木おさむ氏が担当した、
実話が元になっている舞台。

なんで急にそんな舞台を観に行く気になったのか。
それは、主役が劇団ひとりだから。

あんまりブログに書いたことはなかった気がするが
私は劇団ひとりのファンである。しかももう10年目。
だけど単独公演とか、テレビの公開収録とか、行ったことがない。
生の劇団ひとりを見たことはなかった。

劇団ひとりがゲストで出たトーク番組とかを録画して
いつものように平日夜とかお休みの日とかに見ていたら
軒並みこの舞台の宣伝が為されるようになってきた。
そしてふと思った。
「このチケットって、まだ買えるのかなぁ?」

まぁ、テレビに出て告知みたいなことしてるんだから
買えるのは買えるんだろう。
相手役は西田尚美ちゃんか。好きな女優さんだぞ。
ヤマシゲこと山崎樹範も出るじゃん。彼のことも好きだぞ。
なら観に行ってもいいかもな。
さほどの熱量もなくプレイガイド系のHPを当たってみた。

公演日と仕事の都合とを摺り合わせ、行けそうな日を2つほど設定。
おかんを誘ったら行くというので
各HPで買える最良の席を見比べて、ローチケから2枚購入。
前から3列目。よく残ってたなぁ…。

というわけで行ってきたのが金曜日。
初めてグローブ座の中に入ったわけだけど
大きすぎず小さすぎずでなかなかイイ感じ。
学生の頃に観劇に行った青山円形劇場を
ぼんやりと思い出させる円形の座席配置。
舞台が少し高くて、見上げる感じになるんだね。
この感じだと、2階席とかでも見やすそうかも知れない。

客電が落ちて、主題歌である山下達郎の「ゲット・バック・イン・ラブ」が流れる中、
最初ロールスクリーンにキャストが流れた。
ちょっとテレビドラマみたい。斬新だなぁ…。
あと、こっそり言うけど私あんまり山下達郎って好きじゃなかったのね。
でもこの曲は「いいなぁ」って思いながら聴いてた。

曲が終わってロールスクリーンが巻き上がり、
演劇本編がスタート。
10年もファンをやっている劇団ひとりを初めて生で見た感想は、
「テレビで見てるそのまんまだなぁ」
「髪の毛ふっさふさだなぁ」
テレビで見るよりイケメンというわけでもなく、
テレビで見るより痩せてるとか背が高いとかそういうのもなく、
ほんとうにテレビで見ている人がそのまま出てきた印象。

ヤマシゲはテレビで見てイメージしていたよりも少し小さいかな、と思った。
端役かと思っていたけど、出番いっぱいで得した気分☆
もともと劇団出身だからか、ものすごく声が出ている気がした。
聞き取りづらいセリフとか一切なかったと思う。さすが。
あとですね、JONTEが思ってたよりイケメン♪
この舞台を知るまで全く存じ上げなかった人だけど
私、けっこうこの人好みだわーと思ってしまった(^^;)

西田尚美ちゃんの透明感すごかったなぁ。顔もちっちゃい!!
劇団ひとりよりも、そして私よりも年上なのに、そうは見えなかったー。
もともと好きな女優さんだけど、もっと好きになった♪
あれで子供いるんだもんなぁ。女優さんってすごいなぁ…。

舞台の内容は、前半はかなり笑わせてくれる作りで
後半はちょっと涙を誘う感じ。泣かんかったけど。
でも、はっきり泣いてるお客さんもたくさんいましたよ。
時間軸が途中で前後したりして回想シーンを挟んだりするんだけど
これがほんとにうまいタイミングだし、いい見せ方なんだよなぁ。
こんな夫婦イイなぁ、結婚したいなぁって思っちゃうくらい。
唯一、涙がこぼれそうになったのはこの回想シーンのうちの一場面だった。
後半で大きなウェイトを占める病気絡みのシーンに関しては
現役がんサバイバーとしてツッコミたい部分もあったけど
まぁ病気をメインテーマで扱ってる舞台じゃないし、スルーする。

鈴木おさむの脚本が、実にうまいのよねぇ。やぱ天才なんだろうなぁ。
劇団ひとりも「おさむさんからのオファーだったから出演を決めた」って
そんなようなことをテレビで言ってたし、きっと人望もあるんだろう。
生で劇団ひとりを見てみたくて思いつきで買ったチケットだけど
思ったよりも劇自体が良かったので、プログラム購入。
130329_2341~001.jpg金壱千円也。ちょっと高いなぁと思うけど、主演舞台だからご祝儀。

ちなみに、一緒に来たおかんは途中船を漕いでたわ…。
映画とか演劇とかときどき誘ってるけど、毎回寝てるなぁ(^^;)
なんか日中スポーツクラブでジムと水泳がんばりすぎたらしいけど
夕方から出かけるんだから少しはセーブすればいいのにさ。

終演後、全身ピンクの林家パー子さんを見かけたけど
ぺーさんのお姿は見えず。珍しい?
パー子さん、全身ピンクだから文字通り“イロモノ”的な感じだけど
もしも年齢相応の服装だったら普通に綺麗なおばさまって感じ。

帰る前に少し大回りをしてジョンノホットクに寄り道。
チーズホットクを買って食べた。
テレビで何回かここのホットクが紹介されるのを見て
機会があったら食べてみたいって思ってたのよね。

注文してから焼いてくれるわけだけど130329_2129~001.jpg
だからこそちょっと待たされるけどあつあつ出来立てが食べられる。
おかんはカップでトッポギを買ったのでひとくちもらったけど
お子ちゃま舌のねいびーには辛すぎてムリだった(>_<)

新大久保ってちょっと遠いのでそうそう何度も通えないけれど
もっと近い劇場だったらもう1回行っても良かったな。
それくらい気に入った。
劇団ひとりって芸人さんなのに、すごい器用だよなぁ。
10年前はテレビにもときどき出るかなーくらいで
役者業とか作家業とか、こんなに成功するなんて思ってなかったよ。
これからもゆるっと応援するわー。

仕事の都合上、しばらく休暇が取りづらい感じなので
休暇の要らない娯楽に走ろう…ってわけじゃないけど
ライブ、映画、演劇なんかの予定をチラチラ入れている最近。
やっぱり生はいいよなぁ。
テレビを否定するわけじゃないけど
生で見られるものは、やっぱり生で見るっていい感じ。
先日、映画館にレイトショーで観に行って
ハンカチしぼれるほど泣いた『だいじょうぶ3組』と併せて
なんかものすごくココロにエナジーチャージできた気分ですわ (*´ω`*)


nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 1

ねいびー

ゆきママさん、ひこさん、nice! ありがとうございました♪
by ねいびー (2013-04-01 00:10) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。