So-net無料ブログ作成
検索選択

トゥバタハ旅日記 その1 [ダイビング/ダイビング旅行]

8日に帰国してから体力的、精神的にも大変追い込まれ、
今頃からやっと連載開始です。
楽しみに待っていてくださった方、もしいれば、ゴメンナサイ。
これからも不定期連載になるのは確実な見込みですが、
必ず帰国日まで書き上げるので、良かったら気長にお付き合い下さいませ。


6月1日(前編)
期せずして前回から1年以上も経ってからの海外ダイブは、
ついに参戦、あこがれのトゥバタハクルーズである。

…が、気が重い。
なぜかというと、今回のクルーズには
日本人ばかり19人ものゲストが乗ると知っているからだ。
このブログの以前からの読者さんならよくご存知のように、
私は重度の“人見知らー”なので、
一度に18人もの初対面さんがいるのは、精神的にかなりキツいのよ。

集合が朝7時半なので、5時過ぎの電車を使う予定で支度していたら
5時前にインターホンが鳴ってびっくり。
モニターを見るとそれはおとんで、成田まで車を出してくれると言う♪
ありがたく乗せてもらい、空いている高速を走る。
途中、PAなどで時間調整をして7時くらいに空港着。

ちと早いがチケットを受け取り、フィリピン航空のカウンターに並ぶ。
ここだけ大行列だ。フィリピン航空っていつもこんな感じ。
ダンボールの大荷物の人がすっっっごい多いの。
見る限り、ほとんどがフィリピン人ファミリー
若いフィリピン女性&中高年日本人男性のカップルで、
日本人だけのグループなんて片手で足りるほどしかいない。
(つまり、それら日本人はきっとほとんど例の18人の中の誰かだ)

最終的には4~50分も並んだか、やっと手荷物検査を通過する。
荷物の交渉があるので、優しそうな女の子係員のカウンターを選んで並ぶ。
それからも大荷物のフィリピン人を眺めて時間つぶし。

やっと私の番になったら男性の係員が横から来て、
連れはいないのか、ひとりなのか、と再三確認を取られた。何なんだろう?
「荷物の重さがアウトなら言ってくれよースポーツ・プラスに入るから」
と心の中で呟いてみる。
「今日は満席なので…」と係員が言い出したので
“荷物の重さはサービスできません”と言われるのかと思ったら
[ぴかぴか(新しい)]ビジネスクラス[ぴかぴか(新しい)]にお席をご用意致します」
と耳を疑うような台詞が続いた。
なんですと!!?

あまりのラッキーにニコニコしちゃう♪
カウンターの女の子に話を聞くと、日本人は少ししかいないんだけど
フィリピン人で満席なんだってさ。
ビジネス席はパーソナルモニターの調子が悪くて
音楽とか聴けないかも…と言われたけど、そんなの全然NPでしょう。

そんなわけで、25kg弱の荷物は一切お咎めなしでスルー。
今後のことはまた改めて考えることにする。
実は今回の旅は、ひとり旅にならないかも知れなかったんだけど
ひとりだからビジネスクラスに乗れることになり、
自分の気持ちを優先してひとり旅にしておいて良かったと、心から思った。

この時点でボーディングタイムまで30分を切っていたので
さっさとイミグレを通過し、ランコムの化粧水を物色。
ここのところお気に入りのイドラゼンシリーズのジェル状ローションお買い上げ。
それからおかんに頼まれたシャネルの口紅もお買い上げ。

そんなことしてから搭乗口に向かったら、
もう優先搭乗終わっちゃってるじゃん。
ビジネスクラスの恩恵をひとつ受け損なったよー。
こんなこと言ってる時点で、甚だしくビンボっちぃ私だけど
実際ビンボッチなんだから致し方ない。

 

(つづく) 


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 2

まさ

おー!オーバーブッキング!!らっきーでしたね♪
食事もビジネスだった?

以前オーバーブッキングでファーストになったのに
食事だけエコノミー用のものですごいがっかりしたことあるから
気になる俺も貧乏性

ダイビング情報その他の続きを期待していま~す
by まさ (2008-06-15 22:53) 

ねいびー

まささん。
そうそう、席はビジネスでも食事はエコノミーって場合もありますよね。
食事の件を含め、ビジネスクラスにはしゃぐ私の姿は
明日アップする記事で明らかになりますよーん♪

でも、ファーストクラスって、すごい!!
フルフラットな感じ~?それだけでもうらやましいです。
私は貧乏舌で、食事はまぁ大抵OKなので
椅子が違うだけでも満足できますよ。

旅日記はまだ始まったばかり、
いつものように1日1記事のアップを目指して
連載していきますんで、よろしくお願いしまーす♪
by ねいびー (2008-06-15 23:06) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。